白髪染めの成分ステアラミドプロピルジメチルアミンについて

ステアラミドプロピルジメチルアミンについて

ステアリン酸とジメチルアミノプロビルアミンから得られる
植物由来の界面活性剤です。

 

界面活性剤としては、低刺激性の三級カチオン界面活性剤にあたります。

 

髪は水の中ではマイナスイオンの電気を帯びるため、
プラスイオンの電気を帯びている成分が配合されていると、
髪に吸着することで毛髪の感触を変化させることができます。

 

この役割を担っているのがカチオン界面活性剤です。

 

安全性

 

一般的なリンスやトリートメントに含まれる界面活性剤は、
四級カチオン界面活性剤が配合されていますが、
より低刺激性を求める場合には三級カチオン界面活性剤が使用されます。

 

その分コンディショニング作用は下がりますが、
安全性を重視したい場合には四級カチオンよりも
三級カチオンの方が安心と言えるでしょう。

 

含有している白髪染め

 

ルプルプ、レフィーネヘッドスパ、利尻ヘアカラートリートメント

 

一般的な低刺激系のリンス、トリートメントは

 

三級カチオン界面活性剤を使って、低刺激とうたっている場合が大部分

 

低刺激をうたっているリンスやコンディショナー、トリートメントでも、
大部分の製品が、三級カチオン界面活性剤(三級アミン)を使用しています。

 

ですから、頭皮や肌を考えると、本当に低刺激な製品は
非常に少ないのが現状です。

 

確かに、四級カチオン界面活性剤よりは刺激が緩やかですが、
残念ながら、まだ決して肌に低刺激だとは言えません。

 

しかし、アミノ酸系両性界面活性剤を使われると、
非常に肌に低刺激になります。

 

しかし、アミノ酸系両性界面活性剤を、単体で使われる場合は
まだレアケースです。
その理由は、この成分単体だと使用感が悪くなるからです。

 

アミノ酸系両性界面活性剤だでは使用感が悪くなるので、
三級カチオン界面活性剤と併用されて使われる場合が多いです。
併用されると、どうしてもその分刺激性は上がります。

 

頭皮のことを考えると

 

刺激のきついのモノをつかうと頭皮があれてしまいます。

 

四級カチオン界面活性剤や三級カチオン界面活性剤の帯電防止剤が、
頭皮につくと、刺激が強いので頭皮が肌荒れを起こしてしまう場合
あります。

 

ですから、できるだけ毛先だけにつけ、
頭皮につかないようにすることが大切です。

 

背中ニキビの大きな原因も、帯電防止剤が関わっています

 

女性の方が悩んでいる背中の吹き出物・・・

 

四級カチオン界面活性剤や三級カチオン界面活性剤の帯電防止剤が、
背中に残留すると、刺激が強いので、背中が荒れやすくなります。

 

これが、多くの女性を悩ませている「背中ニキビ」の原因だと思われます。

 

リンスやコンディショナー、トリートメントを使うと、
すすぎの時に、どうしても背中にかかってしまいます。

 

そして、その後、背中についたその成分を、完全にすすぐことが
望ましいですが、大部分の方は、そのまま残留させてしまいます。

白髪染めの成分ステアラミドプロピルジメチルアミンについて関連ページ

農薬の150倍と言われる白髪染めの毒性から身体を守るには
白髪染めには、なんと農薬の150倍もの毒性がある可能性が あるということを知っていますか? では、身体を守るには」どうすればいいのかを説明します。
 ジメチコン
白髪染めの成分の仲のジメチコンを調査しましあ。
NHK あさイチ 徹底攻略オンナの白髪染め まとめ
11月6日(水)NHK あさイチで、徹底攻略オンナの白髪染めというテーマで、白髪染めの悩みを特集しました。とても役に立つ情報です。まとめてみました。
ミリスチン酸オクチルドデシル
白髪染めの成分、ミリスチン酸オクチルドデシルについて調べました。 空気中で酸化しずらく、安定性の高い性質の合成オイルです。
海シルト
白髪染めの成分の海シルトについて調べました。
あさイチでも取り上げられたヘアカラーのアレルギー
2015年10月27日のNHKあさイチで アレルギーを起こすヘアカラーの成分に ついて、放送されました。 2〜3日前から、他局のニュースでも 扱われていました。 ひどい方は、1ヶ月間もトラブルが続いた とのことです。
ジアミンはヘアカラーでアレルギーを起こす成分なの?
2015年10月27日のNHKあさイチで アレルギーを起こすヘアカラーの成分に ついて、放送されました。 ジアミンという成分が、アレルギー反応を 起こす可能性があります。 詳しく調べてみました。
タール系色素が怖い!
ヘアマニキュアタイプの白髪染めで、タール系色素を使っている製品があります。この、タール系色素も、かぶれなどの原因になることがあります。